Schlumph社のSPEEDDRIVEの軸は超面倒。こんなの作るのはスイス人だけ。もう二度と触りたくない。

mistral-speeddrive-shuri1

 妻「私のmistralはちゃんと治ったか?」

 俺「この通り。軸をタッピングしてトルクスレンチでイモネジを固定したのでもう大丈夫かと思われます」

 * * *

 先日タッピング工具出したついでと言うわけじゃないんですが、speeddriveの軸もタッピングできました。

 何が起きたかと言うと数カ月前、妻用リカンベント:あずさ号challenge mistralのSchlumph社のspeeddriveのポッチ(shift buttonと言うらしい)の出っ張り具合を調整している内に、軸のネジ山を潰してしまったのです。これが超面倒。クルクル回る軸を留める方法が分からない。右を締めれば左が緩み、左を締めれば右が緩む…

mistral-speeddrive-shuri2

 サイクルハウスしぶやさんで購入できると思います:この赤いトルクスレンチ。これがカチッとなるまで変速ポッチの内部のイモネジを締めこまないと軸とポッチは固定されません。逆に言えば「まあこれぐらい締めときゃ大丈夫だろ。ポッチの材質プラスチックぽいし」とか言って適当にやっていると微妙なところで固定されず、いじっている内にポッチの位置がズレ、「あら?ポッチの出っ張り、ちょっと直すか?」を繰り返しているうちに「あれ?軸の回転が止まらんぞ!」とラジオペンチでちょっと軸を固定~なんてやってるとネジ山を潰してしまう地獄が待っているのです。

 勿論あまりに締め付けすぎるとポッチが割れますw

 speeddrive、便利なんだけど、もう触りたくないなあ。変速ポッチも本気で踏み込んでると踵が当たってクルクル回って最後には取れちゃうことがありました。本気で踏む人は時折締め付け具合をチェックしておかなきゃならないんでしょうなあ。そういうわけで妻用ゆるふわmistralに取り付けたんですが。

 二度と触らなくて良いようにガッツリ調整&固定しときました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください