普段のRaptobikeでどこまで登れるか(美ヶ原ヒルクライム2013に出てみました)。

 まずはこの美しい写真から見ていただきたい。美ヶ原の王ヶ頭ホテル付近から天狗の露地駐車場を写したものである。
utukusigahara2013-2.jpg
 ホントに俺は妻を愛している。いや、この愛とはしずかちゃんがのび太を心配する気持ちかもしれない。この愛すべきバカ女房は、ゴール地点に応援バスから降りたった後、あろうことか王ヶ頭ホテルへトレッキング。牧場や高原の美しい自然を満喫し、王ヶ頭ホテルが「まだ営業時間外なんですけど…」というのをたたき起こしてコーヒーをせしめ、書を読み、「トイレが有料だ」と悪態をついた挙句、唯一俺が映っている可能性のある画像が↑。聞けば「帰りのバスが12:00発だから30分前に戻れば良いのかと思った」そうで、当然、その時刻は安全にバスが下山するために競技者は全員山を降りた後である。「会場にもどったら誰も居なくてさみしかった~」とかほざいているが、さみしかったのはこっちだ!ていうか、ゴールして当然祝福してくれるはずの妻が居らず、結構マジで心配して、滅多にお話できないチャンスに話しかけてきてくれる他のリカンベント&タンデム参加者さんをお断りしつつ、疲れた身体でゴール会場を探し回ったんだぞ!!
utukusigahara2013-1.jpg
 アホ女房のアホ自慢はこれぐらいにしておいて本題に入る。これは下山してからの会場での一コマである。ご覧いただきたい。フロントシングル65T、スプロケは10速Deore11-36T。旗&前後ライト装備。サイドバッグのELANにはウィダーインゼリー3個と水500mlにウインドブレーカー。勿論替えのチューブに携帯ポンプと工具。がっつり平地も山もどちらもいけるツーリング仕様である。これで美ヶ原ヒルクライムをタイムオーバーなしで登ったのだ!もう誰にもツーリング中に「そのバイクかっこいいけど、山登れないでしょ?」とは言わせない。所要時間は2時間39分00。前回スプロケ11-30Tのときは3時間以上かかったので今回は10速Deoreを投入し2時間30分台で行くつもりだったがギリギリ39分とは…詳細はyoutubeにHX-A100の動画をUPしてからにします。そう、Panasonic HX-A100、日本製品としては珍しく電池が2時間39分もったのだ!(848×480 30fpsだけど、まあ十分でしょう)こいつは驚いた。まあ今回は余計なことは言わずにPanasonicを褒めたいと思います。
 以下、youtube動画のサムネイルが8個もあるのでここから先を見ると重くなります。↓


 HX-A100の仕様で動画は20分毎に細切れになります。microSDカードにあったそのまんまをyoutubeにUP。

 ちまちま各動画にコメントつけていきますぞ。とにかく沿道の応援にはマイッタ。この区間の激坂は心拍140以下、リカンベントで登る最低の速さの時速3㎞以下で登るつもりがたくさんの人に見られているから虚栄心で時速5㎞近くで登ってしまい、心拍は160超え。これでは筋肉より内臓が疲れてしまい、とても最後まで登り切れません。「これはイカン」と押し歩きして心拍数を下げています。出発前のしっかりウォーミングアップの必要性(特にリカンベントは!)を感じたスタートでした。






“普段のRaptobikeでどこまで登れるか(美ヶ原ヒルクライム2013に出てみました)。” への2件の返信

  1. 初めてリカンベントと言う名前を聞きまして、
    このブログを拝見しました。
    動画の方も楽しく拝見し、リカンベントに凄く興味を持ちました。ありがとうございます。

  2.  こんなへっぽこブログに真面目なコメントまことに有難うございます。機会があったらぜひリカンベント乗ってみてください。美ヶ原ヒルクライムはかなり以前からリカンベント参加OKのイベントだと聞いて初めて参加したんですが、7人でした。やっぱりまだまだリカンベント人口は少ないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください