2013年9月8日。富士エコサイクリング2013行ってきた。その2。(youtube注意)

fujieco2013-08.jpg
 そんでもって当日。朝5:15分ごろホテルを出て5:40あたりの図。出発前の会場で東京オリンピックが決まったことを知る。そういえば美ヶ原ヒルクライムでご一緒した(リカンベントで参加した)Oさんにも声をかけていただきました!Oさんは今日は普通のアップライト自転車で参加との由。

 今回HX-A100に単3電池4本の充電器つけて撮影したのだが、事前のテストでは5時間撮れてたのに実戦では3時間半しか撮れなかった…なんでだろ。
 とりあえずスタートの様子。

 そして今回いきなりパンク(9分15秒ごろ)!ビットリア!ザフィーロ!
 安物タイヤでロングライドのイベントに参加するのはやめましょうw



 パンクから復帰したのだが慌ててるし雨だしやっぱり泥やら砂利やらがタイヤの中に入ってしまう。この後私はスローパンクする運命に!お楽しみに!!

 精進湖エイドステーションにたどり着く。
 ここでトイレが混んですんごい待たされた。紙もギリギリ。バナナも売り切れ。正直かなり機嫌が悪いw
 だいたいこのクソ雨の中なにやってんだ俺らw

 とりあえず走っていれば機嫌が良くなる。自転車乗りとはそういうもん。と思ったら精進湖エイドステーションを出て10分ちょっとで工事渋滞に。これはおいらのマインド ピンチか?
 しかし、事前にエイドステーションで「とにかくこの先、工事渋滞があるよ~」と説明がくどいほど周知徹底されてたので「ああこれかあ」と、それほどイヤではなかった。列も乱れなかった。よく考えたらすごい重要なことですね。うーむ感謝です。

 工事渋滞を抜けてしばらく行くと富士エコ序盤のダウンヒルがおっぱじまる。が、もんのすんごいガスの中へ。とにかく安全運転ですよ。
 前の人にくっついて、全然スピード出せないけど、これはこれで神秘的で楽しかったです。まあ、一人でやったらキチガイだなw
fujieco2013-09.jpg
 第2エイドステーション フェアリーテール到着。やはりガスの中での走りは疲れをともなう。このとき”フェアリーテール”がなにを意味するのか考える余裕はなかった。

 第2エイドステーションから一般道に出る道が荒れててリジッドのリカンベントで23cだと段差越えがツライ。次はシュワルベの25以上履いて来よう。

 HX-A100+CH-UC400は富士ハーネスエイドステーションを越えたところで電池が切れてました。
fujieco2013-10.jpg
 第1では売り切れ、第2では甘酒がすっかり冷えていて、第3エイドステーションで普通の半分サイズの焼きそばをもらうことができた。そこそこあったかいので疲労回復である。ところでなぜ世間的には「疲労回復」が許されてなぜ「汚名挽回」が許されないのか?そんなにお前らはあのキモハゲ国語学者にLOVEなのか。単に逃げてるだけじゃないのか。俺は逃げない。リカンベントで坂を登って美ヶ原の汚名挽回するぜ!!
 とそんなことを考えているとSDVの人は焼きそばをもらう列に2回ぐらい並んでいた。このときはただのいやしいイケメンぐらいにしか思ってなかったのだが…(その3。に続く)

“2013年9月8日。富士エコサイクリング2013行ってきた。その2。(youtube注意)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください