千曲川CRに行ってみた→あんまりたいしたことなかった。そんなことより…

tikumagawacr01.jpg
 景色がキレイ!とか絶賛されているが、たぶん碓氷峠を越えてキレイな汗(本当にキレイな汗)を流した人がその苦労分感動しているのだと思われる。普通に一般道も通るし道案内も親切じゃない。自転車玄人なら楽しめるかも知れないけれど、女房みたいな自転車素人連れて楽しめるかと言えばそこは自転車を知らない日本人の日本人による日本のCRだと思ってください。
tikumagawacr02.jpg
 ただ岩鼻は良かった。いまいち観光地として整備されていない感じがこの地域のなんたるかを物語っている。上田 道と川の駅のコーヒー美味かった。「自転車とは何か」を一生経験することのない日本人どもが長野大学の学祭みたいなことをして楽しんでいた。


 ただ害のない日本人連中はいいとして、我々夫婦はときどき無計画に旅行してるのだが、今回飛び込んだ「ホテル高美」とその戸倉上山田温泉が朝鮮人だらけですごかった。とにかく汚ったねえのなんのwww楽天トラベルで評価2.17なのは伊達じゃなかったwww
tikumagawacr03.jpg
 まず入口があきっぱなしで誰も居ない。従業員さんに声をかけても営業時間を知らないwやっとこさ案内された駐車場がすごい汚いwww
 ちなみにこのK12マーチは平成15年2月に新車で買ってこのたびようやく2万キロ。いくら21世紀の自転車が自動車より性能が良くなったとはいえここまで出番がないとは思わなかった。
tikumagawacr04.jpg
 軍艦島のようなホテルを目の当たりにして夫婦でパシャパシャ写真を撮る。ホテル「高美」って高麗の「高」だったのね。この8階建てのホテルでフロントがとぼけて「他にお客ですか?あと1部屋あるようですが」とか言ってたがこれはあれですね。検索すりゃ分かるがここは真面目な自転車ブログなので今後もスルーします。
 一般客向けの情報としてはホテル内の施設はすべて使えないと思ってください。大浴場はもちろん、自販機、トイレ、全て使用禁止。個室にトイレはあるけれどトイレットペーパーの予備はないので俺が勝手に空いてる客室から拝借しないといけなかった。朝6時ぐらいだとフロントに誰もいないので電話で呼んでもムダですw
tikumagawacr05.jpg
 で、チェックインで「大浴場が壊れてるんで500m先の公衆浴場のチケットあげます」って言われたときは夫婦で青ざめた。この時は俺もまだ気が付かず「え?お風呂ないの?」と思ってしまう。女房の隣だから言うわけじゃないが俺だってこういうショバのことは全然知らんですよ。
 「とりあえずその公衆浴場に行ってみるか」外は結構寒くて風も強い。近場には大きいマトモなホテルがいくつかあって我々夫婦は銀河鉄道999のレジスタンスみたいな感じで眺めていた。写真は朝鮮語だらけの0時までやってるコンビニみたいなお店。レジの”愛嬌の良い”おばあちゃんが商品を地べたに落としまくる。何も知らずにこの異世界みたいな雰囲気を楽しむ女房を横に俺は「んー?なんだこの雰囲気は…?」
tikumagawacr06.jpg
 部屋に入ると探索開始。窓際に取ってつけたようなユニットシャワー発見!あーやっぱりね~!フロントに聞いたら「お湯の出は悪いけど使えますよ」とのこと。なんだ良かったあ~。これは夫婦で「そうだ佐渡島に行こう!」って何も考えずに泊まった新潟の布団に虫がわいてたガチの日雇い労働者のドヤに比べたら全然マシ。写真はすごい懐かしい冷蔵庫。
tikumagawacr07.jpg
 日立R-71と書いてある。この冷蔵庫に入れて次の日の朝「ふぅ~やれやれ」と普通に飲んで机に置いた炭酸が勝手に(振ったりとかなにもしてない)フローズンドリンクに変わってびっくりした。
tikumagawacr08.jpg
 ホテル高美そばの三天参っていう居酒屋はよかった。「あそこ美味いよ」とか言われて行ってみたらおこちゃま向けのソースやマヨネーズ味で「おえええええ」となる店が最近多いがここはちゃんと塩味とか素材の味なので金出す価値はアリ。禁煙席はないけど空気の流れも良いので糞煙もこもらず、ほとんど気にならなかった。
 美味いもの食って酒飲んでまあ満足。あとはせめて部屋に流しがあればなあ。歯磨きとか手洗いとか全部シャワー室でやらなくちゃならなくて嫌でした。まあそっち系の用途なら必要ないかw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください