やよい号(tartaruga type F)汚名挽回なるか!?あまったクランクでポジションチェンジ。

 私は汚名挽回って言葉が好き。返上だとへっぴり腰過ぎ。やる気を感じない。ガッツがない。勢いがない。女々しい。それ以前に汚名返上みたいな言葉を選んで使う人間って右顧左眄しまくりの自分で物事を決められなさそう。そんなことはどうでもよくて、タルタルーガの汚名とは何か。それは「タルタルーガFって身長の低い(特に女の)人に合わないぞ!」という汚名です。
 去年、身長160cmちょいの妻と那須高原ロングライド2014に参加した際、「なんだか闘神さんも出るみたいだしリカンベント軍団を組むぞ!」と妻にセミ・リカンベントのタルタルーガFに乗るように命令。その結果「脚が痛いよ~」「なんかポジションが合わない」妻が完走できなかったのです。
 この事態に至って緊急調査。ようやくタルタルーガFが小柄な女性には無理なのではないかとの評判を知る私…いや待てよ。身長168cmの俺に合わせてバックレストを自作したんだからタルタルーガのせいじゃないかも知れない。そもそも、自作ついでにもう少しバックレストを厚く作り直せば良いのではないか?
tartaruga-backrestjisaku1.jpg
 という訳でまずバルサ材を空気入れにもなるブラックアンドデッカーで切り出します。
tartaruga-backrestjisaku2.jpg
 米ebayあたりで売ってる既製品のアダルトトライクのバックレストでサンドイッチします。
tartaruga-backrestjisaku3.jpg
 クギをトントン打ってユザワヤで売ってる合成皮革で包みます。(皺寄ってる。ヘタクソ)
tartaruga-crank175to165mm.jpg
 そしてあずさ号にschlumpfつけたあおりで浮いた165mmのスクエアテーパーのLASCOのクランクを取り付け。175mmのtiagraだった状態から更にポジションを詰めます。(いろんなところで言われてますけど、タルタルーガみたいな零細企業のサイズ展開が貧弱なのは許せるとして、シマノみたいな大企業がやってるにしてはスポーツ向けコンポのサイズ展開って貧弱過ぎですよねえ)
tartaruga-crank165mm.jpg
 これでどうだ!妻の評価は上々。写真見た感じも悪くなさそう。ただし、やはり実際走ってみないと分からないですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください