HTC RADARはmicroSDが使えないがZUNEが良い。

 なんだかwindows phone端末のこと調べてみたらmicroSD挿せない仕様をMSが推奨してるみたいですね。CESでも発表前は挿せたのにいざ実機見てみるとmicroSDスロットが廃止になってた。
 HTC RADARもmicroSDスロットがない。それを知った直後はかなり絶望したがMS製iTunesであるZUNEを母艦PCにインストールして考えが変わった。すでに16GBのmicroSDを挿して曲を全部移してるIDEOSとHTC RADARとZUNEの連携とどっちが便利か考えさせられたからだ。結局、IDEOSのmicroSDの取り出しは非常に面倒くさい。というのが結論だ。
zune-iissune.jpg
 上の画は同じCDから録音したのに別のアルバムとして認識されたファイル情報を統一しているところ。いらんことばかりするWMPに比べてZUNEのシンプル感は半端ない。ZUNEと携帯端末を連携させて得られる満足度はmicroSDが挿せない弱点をほぼ補っている。
 いくらIDEOSのmicroSDに空き容量があっても「今聞いている曲のタグ、windowsで表示される内容と違うんだよな~いつか合わせておかないとなあ~」とか思いながら聴くのは楽しくなかった。私は新しいCDを買うたびにそう思っていたが接続して使うZUNEならその心配はなさそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください