まともなサスペンションも経験せずにリカはリジッド(raptobike)が最高!とか言ってて申し訳なくなりました。

 BIKE24でROCKSHOXのBARを買ってあずさ号につけてみた。いやこれはまいった。すばらしい。今回ROCKSHOXを選んだのは標準でポンプがついてくるからだが、注文した後にCHALLENGE CHAMSIN -700CにBARがついてることを知った。
old-mistral-rockshox-bar.jpg
 サスペンションってワケのわからんものから一応マトモなメーカー品に替えるだけでこんなに違うとは知らなかった。MTBは持ってないからしょうがないか。
 それにしてもBARに交換する前の、標準のサスがついてたmistralは「やっぱりリカンベントはオモチャ」と感じる人がいてもしょうがないレベルだった。さすがにROCKSHOX BARは廉価モデルとはいえエアサスとしてマトモな働きをしてくれる。これならロードやクロスバイクの一級品から乗り換えてもリカンベントの良さが理解できるだろう。
 俺のmistralは2003年ごろのモデルだと思うけど、やっぱり当時は良いサスは高価だったのか。それともchallengeが貧乏会社だったのか。どっちにしろリカ初体験の人が古いリカンベントに乗ったとき「こんなもんか」と思ったらどうかサスペンションのグレードを確認してみてください。
bike24de0410kattara0426todo.gif
 BIKE24からDHLで発送!とあったので「こりゃUSPSより相当速いぜ!」と期待してたら全然遅かった。
mistral-rockshox-bar.jpg
 サスの位置調整する小物類はなんかカタログで存在は認識してたけど全然考慮してない。取り付けてダメそうならそのとき考えりゃいいし、とりあえず内径12mmのワッシャかまして後で調整すりゃいいと思ったから。そして、たぶん片ちんばの現状で十分でしょう。
 で、このROCKSHOX BARは「調整機構をリバウンド調整だけに絞ったシンプルなリアショック」とのことですがMTBに乗ったこと無いワシにはどういう話かようわからん。とりあえずMTB乗りと喋ってると「リバウンド調整」ってのはサスが縮んで伸びるときの伸びが硬いか柔らかいかの話とのこと。ようするにサスに粘り気を持たせるかどうかですな。で、たいていこの手の話は<調整用のネジを締めたら粘り気が出る>のが相場らしいので、リカンベントはMTBと違って身体を車体にあずけっぱなしだし、カメさん方向にネジを締め気味にしてます。
wakenowakaransuspension.jpg
 しかもBARはカタログ260gでうんこサスは700g近くもあった!まさに糞!そしてあずさ号は400g以上の軽量化!これは嬉しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください