早速雨用リカンベントになったあずさ号で走ってみた。


 私のSPDシューズは661 filterなのだが、これは「スーツで履いていても目立たないSPDシューズ」という要件を満たすためのもので性能とかは度外視だった。今回、雨用リカンベントとしてこさえたchallenge mistralを台風4号で性能試験するにあたり、雨に濡れたりするとこの661 filterは重くなってしょうがないので、見た目より性能(この場合は軽さですな)を考えて自転車専用シューズを買うことにした。
 また、最近、自転車通勤の知恵がついて、雨の通勤のために普段から普通の靴と靴下を会社のロッカーに常備するようになったこともある。こうすれば雨で濡れたSPDシューズを非常階段に立てかけておいておけば帰りにはそこそこ乾いているし、社内では新しい靴下を履いて普通の靴で過ごせば良いのだ。このほうが清潔だし持ち運ぶ装備(レインシューズカバーとかね)も減るわけで、661の「SPDシューズだけど普通の靴に見える外観」にこだわる理由は全くなくなってしまった。

 そこで購入したのがシマノのSH-M087(ワイドタイプ)である。初めてSPDシューズを見た人は「なるほどこれでスーツはキツイ」のが判ると思う。さて性能としては、なんでもっと早く軽いSPDシューズを買わなかったのか非常に後悔した。とにかく軽い。脚が回る。そして濡れても(661のデザイン優先で布で出来たシューズより)重くならない。
 さらにこれは私の思い込みだったのだが、私の横幅が太い足でも全然平気に入るのに驚いた。自転車専用シューズはSPD-SLだろうがなんでも細めの印象があったのだがそれは外見だけだった。
aki-f-doroyoke.jpg
 あと全然期待してなかったakiの1400円の泥除けFD-SW014がかなりよかった。リカンベントで雨の日走るとおケツから太ももの裏側がずぶ濡れになるのだが今回ほとんどそうならなかった。取り付ける意味はかなりアリ。安くて役目を十分果たしてくれるよい泥除けです。

One Reply to “早速雨用リカンベントになったあずさ号で走ってみた。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください