飛行機が技術的に自転車に並ぶ日は来るのか。

世界初バイオ・ジェット燃料飛行、環境と農業に光明
【11月11日 AFP】カナダの首都オタワ(Ottawa)で10月29日、種子油製のバイオ・ジェット燃料だけで動く航空機の試験飛行が世界で初めて成功した。大気汚染の改善策としてだけでなく、農業関係者にとっての新たな収入源となる可能性も秘めており、大きな期待が寄せられている。
 仏ダッソー(Dassault)社製ジェット機「ファルコン20(Falcon 20)」が用いられた試験飛行では、エンジンの作動具合や燃料の燃焼を監視する目的でエンジニア数人が搭乗し、オタワ~モントリオール(Montreal)間を約90分で往復した。また機体後方にカナディア(Canadair)社製ジェット機「CT-133」がすぐ後を追う形で飛行して排出データを収集した。

 100%太陽エネルギー由来の(石油は地殻による数万年以上の加熱・圧縮といったエネルギーを受けないと生まれない)運用が可能か。自動車では摩擦によるエネルギーロスが多いが航空機なら可能性はアリ。そうすると自転車に並ぶ唯一の内燃機関となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください