raptobikeおにぎり化計画。

 raptobikeの後ろのフォークを”おにぎり型”つまり三角形にしてフレームがたわむのを抑え、(今のところ塗装の割れっぽい感じで済んでるのだが)今後クラックが出来たり広がったりする可能性をちょっとでも減らすのだ。
 当初はヒビの入る位置から考えてシートブラケット利用して三角形を作ってもフレームが固定されるわけないじゃん。と思っていたが下図の通りである。やってみる価値はありますぜ。
raptobike-onigirikeikaku.gif
 材料は力のかかる方向考えたら4mm厚アルミ棒で十分じゃなかろうか。
 あともう一つ問題があってそれは私の工作技術の無さ。私はアルミ板にまっすぐ穴を開けることもできない。そこでVolaeのSeat Stayなら長さが調整できるのでコイツなら穴の位置が組める程度に合っていれば後はある程度の調整が効くだろう。とのことでいろいろそろえてスタートだ。
 ついでに前のシートブラケットが倒れないようにつっかえ棒もつけたらこうなった。
onigirigokeikaku.jpg
 結果は…まあフレーム剛性がUPしたとかそういう話になるので割愛。これから、できれば、数年間かけてどんなもんか判断できれば嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください