500円のLGA1155マザーで265エンコ専用マシンを組もうとする。

 事の起こりはMSI MS-7770という訳の分からないマザーをヤフオクで500円で落札したこと。送料は656円。
マザーが手に入れば後は自ずから必要なパーツは決まる。しかしこのMSI MS-7770というマザー。どうやらNEC VALUESTARのものだったらしくいろいろ面白かった。

 とりあえずCPUはソフマップでファンなしi5-2400を6,998円で購入。LGA1155なのでIvyもつくかもしれないけれど総額1万円以内を目指しているしあまり時間もかけられないのでSandy Bridgeで手を打つ。
 メモリはarkでDDR3-12800(1600)を4GBx2を3,520円で購入。メモリは中古では買わないのが私の主義。
 CPUファンはBUYMOREで1155用ジャンクが500円だったので購入。今のところ265エンコさせて70度以下な感じなので、まあ大丈夫でしょう。
 ケース、電源、HDD、win7のライセンスは家に転がってるのを使う。これで総額12,174円でcore i5マシンのパーツがそろった。総額1万円を超えたのは残念。CPUをヤフオクで買えばいいかも知れないが後のこと(win7のupdate)を考えると時間がなかった。

 だがパーツがそろってからが大変で、まずJFP1ピンやUSBピンがNEC VALUESTAR独自のコネクタになっている。
 JFP1の並び自体は広く普及している10-1ピン配列なのだがピッチが2mmらしく普及タイプの2.54mmのピンだと二本(つまりSWだけ。とかHDD LEDだけ。とか)がせいぜいでそれ以上のピンを刺すとお互いに邪魔しあってうまく刺さらない。エンコマシンで電源の様子やHDDの様子が分からないのは困る。

 しょうがないので家にひっころがってた2mmピッチの電源ピンをカッターで削って刺さりやすくしてPOWER SWとPOWER LEDだけは確実に接続するようにした。今回工作らしいことをしたのはここだけ。

ms7770-jfp1

 この状態でならHDD LEDも安定して刺さってくれてるみたいです。

 フロントパネル用のUSBのピンもこれまた通常のものより小さいタイプ。もう面倒くさいのであきらめる。背面パネルは通常のmicroATXとして普通に使えている。

 とりあえず電源が入るようになったのでUSB DVDドライブを接続し、普通にwin7をインスコしてみる。
 speccyを走らせた結果。まずchipsetはH61らしいことが判明。そしてマザボのオンボードNICが認識されない。これは痛い。NECはビジネス向けmateならデバイスドライバを公開しているが個人向けVALUESTARは非公開が多いからだ。

 しょうがないので今は亡きクレバリーのUSBのNICでインターネットに接続できるようにしてintelのサイトに行き、
chipsetと
ttps://downloadcenter.intel.com/ja/download/26223/Intel-Server-Chipset-Driver-for-Windows-
NICのドライバを
ttps://downloadcenter.intel.com/ja/download/18713/Intel-Network-Adapter-Driver-for-Windows-7-
試しにインスコするとすんなり認識した。これは意外。intelやるじゃん。

 しかし今度はwin7(64bit)のWindows Updateが立ちはだかる。丸1日「更新を検索しています…」が終わらず、あきらめてシャットダウンしようとすると「更新してシャットダウン」が表示されてようやく進む。ということを繰り返す。
 MSさんホントこれは何とかしてください。3日ぐらいかかってwin7を最新版にして終了。

 こうしてCore i5,メモリ8GB,HDD500GBの265エンコ専用マシンが1万数千円で手に入った。起動のたびにNECロゴがでかでかと表示されるが、いったん動いてしまえばお客様は神様ですの日本企業NEC製品。なかなか安定して動作してる感じがしますw

AMD A8-6500での結果と比較してみる。
——————————————————————————————————————————
[F:\ブエルタ5.mp4]
——————————————————————————————————————————
auo [info]: x265guiEx 3.72 / Windows 10 (x64) / AMD A8-6500 APU with Radeon(tm) HD Graphics
auo [info]: converting YUY2 -> i420p, using SSE2 AVX
auo [info]: x265 options…
–input-csp i420 –preset faster –crf 24 –aq-mode 2 –psy-rd 1 –psy-rdoq 1 –keyint 300 –b-adapt 1 –ref 1 –no-cutree
–frames 368338 –input-res 1280×720 –fps 30000/1001 -o “F:\ブエルタ5.265” “-”
yuv [info]: 1280×720 fps 30000/1001 i420p8 unknown frame count
raw [info]: output file: F:\ブエルタ5.265
x265 [info]: HEVC encoder version 2.0+18-b0ec268aef60
x265 [info]: build info [Windows][MSVC 1900][64 bit] 8bit+10bit+12bit
x265 [info]: using cpu capabilities: MMX2 SSE2Fast SSSE3 SSE4.2 AVX XOP FMA4 FMA3 LZCNT BMI1
x265 [info]: Main profile, Level-3.1 (Main tier)
x265 [info]: Thread pool created using 4 threads
x265 [info]: frame threads / pool features : 2 / wpp(12 rows)
x265 [info]: Coding QT: max CU size, min CU size : 64 / 8
x265 [info]: Residual QT: max TU size, max depth : 32 / 1 inter / 1 intra
x265 [info]: ME / range / subpel / merge : hex / 57 / 2 / 2
x265 [info]: Keyframe min / max / scenecut : 29 / 300 / 40
x265 [info]: Lookahead / bframes / badapt : 15 / 4 / 1
x265 [info]: b-pyramid / weightp / weightb : 1 / 1 / 0
x265 [info]: References / ref-limit cu / depth : 1 / on / on
x265 [info]: AQ: mode / str / qg-size / cu-tree : 2 / 1.0 / 32 / 0
x265 [info]: Rate Control / qCompress : CRF-24.0 / 0.60
x265 [info]: tools: rd=2 psy-rd=1.00 early-skip rskip signhide tmvp fast-intra
x265 [info]: tools: strong-intra-smoothing lslices=4 deblock sao
x265 [info]: frame I: 1369, Avg QP:23.72 kb/s: 13571.93
x265 [info]: frame P: 198364, Avg QP:25.79 kb/s: 4663.48
x265 [info]: frame B: 168605, Avg QP:28.57 kb/s: 1379.34
x265 [info]: Weighted P-Frames: Y:3.2% UV:1.9%
x265 [info]: consecutive B-frames: 28.3% 62.6% 5.8% 2.8% 0.4%

encoded 368338 frames in 28990.64s (12.71 fps), 3193.29 kb/s, Avg QP:27.05
auo [info]: CPU使用率: Aviutl: 10.86% / x265: 82.47%
auo [info]: x265エンコード時間 : 8時間 3分10.9秒
auo [info]: qaac (v2.59) で音声エンコードを行います。 ABR (AAC) ビットレート指定, 128kbps
auo [info]: L-SMASH muxer (r1405) でmuxを行います。映像: on, 音声: on, tc:off, chap:off, 拡張モード:なし
auo [info]: 総エンコード時間 : 8時間32分32.7秒

2016年9月7日 1時45分 エンコード終了
————————————————————————————-

——————————————————————————————————————————
[D:\ブエルタ5-ms7770.mp4]
——————————————————————————————————————————
auo [info]: x265guiEx 3.72 / Windows 7 (x64) / Intel Core i5-2400 @ 3.10GHz [TB: 3.30GHz] (4C/4T)
auo [info]: converting YUY2 -> i420p, using SSE2 AVX
auo [info]: x265 options…
–input-csp i420 –preset faster –crf 24 –aq-mode 2 –psy-rd 1 –psy-rdoq 1 –keyint 300 –b-adapt 1 –ref 1 –no-cutree
–frames 368338 –input-res 1280×720 –fps 30000/1001 -o “D:\ブエルタ5-ms7770.265” “-”
yuv [info]: 1280×720 fps 30000/1001 i420p8 unknown frame count
raw [info]: output file: D:\ブエルタ5-ms7770.265
x265 [info]: HEVC encoder version 2.0+54-e5ca9b210223
x265 [info]: build info [Windows][MSVC 1900][64 bit] 8bit+10bit+12bit
x265 [info]: using cpu capabilities: MMX2 SSE2Fast SSSE3 SSE4.2 AVX
x265 [info]: Main profile, Level-3.1 (Main tier)
x265 [info]: Thread pool created using 4 threads
x265 [info]: Slices : 1
x265 [info]: frame threads / pool features : 2 / wpp(12 rows)
x265 [info]: Coding QT: max CU size, min CU size : 64 / 8
x265 [info]: Residual QT: max TU size, max depth : 32 / 1 inter / 1 intra
x265 [info]: ME / range / subpel / merge : hex / 57 / 2 / 2
x265 [info]: Keyframe min / max / scenecut : 29 / 300 / 40
x265 [info]: Lookahead / bframes / badapt : 15 / 4 / 1
x265 [info]: b-pyramid / weightp / weightb : 1 / 1 / 0
x265 [info]: References / ref-limit cu / depth : 1 / on / on
x265 [info]: AQ: mode / str / qg-size / cu-tree : 2 / 1.0 / 32 / 0
x265 [info]: Rate Control / qCompress : CRF-24.0 / 0.60
x265 [info]: tools: rd=2 psy-rd=1.00 early-skip rskip signhide tmvp fast-intra
x265 [info]: tools: strong-intra-smoothing lslices=4 deblock sao
x265 [info]: frame I: 1369, Avg QP:23.72 kb/s: 13571.93
x265 [info]: frame P: 198364, Avg QP:25.79 kb/s: 4663.48
x265 [info]: frame B: 168605, Avg QP:28.57 kb/s: 1379.34
x265 [info]: Weighted P-Frames: Y:3.2% UV:1.9%
x265 [info]: consecutive B-frames: 28.3% 62.6% 5.8% 2.8% 0.4%

encoded 368338 frames in 20266.15s (18.18 fps), 3193.29 kb/s, Avg QP:27.05
auo [info]: CPU使用率: Aviutl: 12.59% / x265: 83.91%
auo [info]: x265エンコード時間 : 5時間37分46.2秒
auo [info]: qaac (v2.59) で音声エンコードを行います。 ABR (AAC) ビットレート指定, 128kbps
auo [info]: L-SMASH muxer (r1405) でmuxを行います。映像: on, 音声: on, tc:off, chap:off, 拡張モード:なし
auo [info]: 総エンコード時間 : 5時間58分14.3秒

2016年9月14日 3時04分 エンコード終了
————————————————————————————-

2時間半の差でintelの旧いCPUのほうが速い。まあしょうがないですね。AM4(zen)に期待。

3 Replies to “500円のLGA1155マザーで265エンコ専用マシンを組もうとする。”

  1. コメント失礼します。
    このマザボは、1,920×1,080表示に対応してますでしょうか?
    もしまだお持ちでしたら教えていただけますと助かります。
    よろしくお願いいたします。

  2. すみません今朝確認したところいつの間にか中身がgigabyteになってました…
    多分暗号資産をマイニングしまくってたころpcieが必要になりpcieがない、あるいは少ないマザボは手あたり次第廃棄してたと思います。すみません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください