クリスマス。我が家にも地デジ化がやってきた。虫の息で。

tidejikagayattekita.jpg
 ついに先週末から「なんか屋根がギシギシ言うぞ」と表に出てみたらサンタクロースならぬ「地上デジタル」とか書いてある箱と軽トラが置いてあって壁におっさんがよじのぼっていた。事前になんの連絡もないのがムカついたが「ついに我がアパートも地デジか…」と思ってたら電波が弱くて液晶テレビのチューナーだとそこそこ映るけど時々真っ暗になるし、ていのいい妻へのクリ・プレとして買ったtorneのチューナーはまるで受信できない有様。
 液晶テレビのアンテナメニュー見てみると50あたりの「あともうちょっと」の数値なので安物ブースターでもつけようかと思ったが共用アンテナ。そもそもこのアパートの設備が75Ω前提。このクソ寒空にどこにどう整合器がはいっているか調べるのも面倒なので諦めた。大家さんに文句言ったら再度の工事は正月明けになるそうな。今年の年末年始もVHSが活躍だ(俺はテレビを見ない。が見る)。
 しかしsony製品はそびえたつ糞、日本製品はさまよえる糞の集団と連呼する私であるが、torneはまあまあ、そこそこ、いいと思った。ていうか誰でもこれぐらいのスピードで番組表がシャカシャ動いてポチりたいもの。日本製のIT関連機器で「金返せ」と思わない製品は何年ぶりであろうか。つくづくPS3は斜陽のゲーム界からちゃんと離れて、よりリビングPCとしての形、たとえば拡張SLOTを備えるとかすればもっと大成したであろうに。惜しい製品だ。

“クリスマス。我が家にも地デジ化がやってきた。虫の息で。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください