SURLY PUGSLEYという(260サイズを超えた箱で)自転車を宅配するには(東京→山口県)。

こいつですよコイツ。元祖ファットバイクの雪歩号。都内では雪の日にしか活躍できなかったな…山口のクソ田舎ならそれなりに走る場所はありそうですねw

ちらと検索してみると1tトラックをレンタカーで東京~山口乗り捨てすると総額8万円以上。危険をおかしてこれでは割に合わない。

で箱を用意します(輪行袋はしょっぱなから諦めてます)。見よ!K12マーチだと難しいかも知れないcarryfreedomで用意できた箱は幅270x高さ910x奥行1485。三辺合計が260超えてます。ヤマト運輸は宅急便を超えるヤマト便でも200まで、佐川急便もラージサイズ便は260までです。しかしこのあたり、内紛&量子コンピュータ詐欺で壊れかけのgoogleのwebで検索しても10年前や5年前の情報が混ざって全く参考になりません。20世紀末のインターネットにワクワクした世代としては、こんなにはやくインターネットが終わコンになるとは思いもしませんでした。とりあえずいくら得とか損したとか考えずに2019年の末に適当にやったらこうなったよ。とこのブログに記録だけしときます。

とりあえずヤマト運輸と佐川急便のみで考えてます。どちらも大型家具をあつかうメニューになります。電話で箱のサイズを伝えると見積もりがもらえます。佐川の大型家具輸送サービスはもはやチャーター便で、300サイズで28,800円。ヤマト運輸はらくらく家財宅急便のサイズ250-330サイズで16,335円でした。どちらも重さは100kgまで対応との由。ヤマトを選びます。

電話で打ち合わせた日時にヤマト運輸の人が二人集荷に来てくれます。梱包はこんな感じ。箱に入れなくてもむき出しのママチャリも梱包して運んでくれるそうです。もちろんむき出し状態のほうが梱包材など余計に料金がかかります。箱のふたは固定せず、ヤマト運輸の人に中を確認してもらいます。「これなら大丈夫ですね。こっちでもう少し梱包材を入れておきます」とのこと。箱のふたの固定もお任せしました。これで料金は電話で打ち合わせた通り。

あとはあらかじめ電話で発送元・先の住所は伝えてあるので印字された伝票を確認して玄関で料金を払うだけです。本日11月27日発で到着は12月3日。結構かかりますね。お支払いは現金のみなので注意!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください