タケノコもらったのでアク取りしてみた。

 田舎に引っ越して初の田舎っぽいイベント発生。タケノコをいただいたw(以下、twttierの連投になるので「続きを読むで」

 生まれて初めて生タケノコをいただいたので最近SOPF呼ばわりまでされてるgoogle老師に聞く。どうやらアク抜きをしないと食えたもんじゃないらしい。

今にして思えばもっと切っちゃっても良さそうです。

webの情報に「切れ目を入れろ」と書いてるけどその意図が不明な図。あとで分かったけど結局切れ目を入れておくと、ゆであがった後で皮剥いてオイシイ部分だけ(球根みたいな形)にするとき楽なんですね。これいっぺんやらないと理解不可能なので誰でも通る道を行く。

タケノコを恵んでくれた言わばタケノコの神から「勇者よ、これによってアク抜きをするがよい」とアイテム「米ぬか」が添えられていたのでした。重ね重ねありがたい!

ドキドキよ。

うちのガスコンロ2口タイプなんだけど火力が弱い方でおっぱじめちゃったから引くに引けない図。

このごろになると台所がタケノコの匂いでいっぱいになってなんとも言えない多幸感を味わう。

ここで妻が帰宅してきて「お湯が沸かない」と狼狽える私の肩越しからおなべに蓋攻撃。あっという間に沸騰させて俺を感動させるの図。これ魔術師見習いが中堅魔術師にひどく当たり前の魔法習ってる絵だなw

内蓋がないのでお皿で代用。とにかくタケノコのてっぺんまで水につけないとアク抜きの意味がないらしい。

妻は妻で感動していた由。

2時間弱茹でて食ってみました。「なるほど2時間弱だとこれぐらいアクが残っているのか」「まあ食べられない程じゃないね」「webによると一晩置いとくらしいぞ」と夫婦ともども茹で上がりのアクが抜けきってないブツを食すという初めての経験で感動。あつあつホカホカなので少しアクが残っていても酔っぱらった勢いでムシャムシャ食べました。

一晩明けて米ぬか鍋からサルベージ。こうするとさらにアクが抜けるそうです。

さすがに一晩米ぬか水につけておくと完全にアクが抜けて美味かった!この写真は「球根みたいな形」がわかりやすいですね。

そんでもって2日目は女房が気合を入れて作ったタケノコご飯。普通においしい。しかしこうなると普通の既存のおいしいタケノコご飯になってしまったのであった。流通に乗ってる市販のタケノコ加工食品なんか長年の苦労の末にうまいことやってるので当然と言えば当然なのだが、はじめてタケノコのアク取りやって台所にタケノコの匂いが充満して「これからどうなるんだろう」「美味いかな不味いかな」とか話し合ってた頃が一番楽しかった。

で、タケノコご飯のお供にした「こごみ」を初めて食ったのだがこれが美味しかった。見た目はワラビとかゼンマイみたいなエグい味を想像してたらアッサリもいいところ。東日本出身の妻がこのへんのスーパーで初めて見たので買ってみたとの由。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください