雲仙に行ってきた。

山口県から高速くんだり福岡県朝倉市甘木駅で鉄印帳を見せたら「紙でいいですか?」と聞かれたので「あハイ」と答えるとポーンと紙をくれた。一瞬で終了するのは良い。日付書くだけなのにモタモタしていた錦川鉄道と大違いである。

さて我々みたいな素人が鉄印帳みたいな鉄道マニアの真似事をしようにもたびよみのサイトでは343×458なので文字が潰れて何が何だかサッパリである。こんな枯れたイベにつきあってやるのはマニアだけじゃないんだからちゃんと読める地図をサイトに置いて欲しい。今回雲仙観光の途中で(36)の甘木鉄道を選んだが(35)や(37)も近いな。なんて判断は文字情報だけではマニア以外には無理だろう。

甘木駅の次は太刀洗平和祈念館のゼロ戦32型である。しかし私は海軍が大嫌い。やはり97式である。ぼてっとして可愛かった。ぜひ写真撮影が認められていない97式を見にいくべし。各務原市の飛燕を思い出して「ううん~やっぱり下手に塗装しないほうがいいなあ」と通ぶることができる。
お昼に「うどん・そば処 あずみうどん 大刀洗本店」でうどんを食べたら菅直人が歴史に残るバカをやった諫早湾干拓道路を目指す。山口県民として贖罪の旅だ。

九州は子供時代に毒親に連れて行ってもらったはずだが記憶が全くないし思い出したくもない。今回筑紫平野を見て去年まで住んでいた関東平野を思い出した。
その途中国道207号のバス停が果物なので夫婦で「なんだアレ」と騒ぐ。長崎県の「ときめきフルーツバス停通り」というらしい。そして諫早湾干拓道路は…

ただの道路だった。

そんなこんなで雲仙のふもと小浜町「弁天食事処」で飲み食い。夏仕込みしぼりたて獺祭があったw

翌日origamiで雲仙普賢岳を目指したのだが…

途中の温泉街を越えたあたりで終了しております。

ただ15kmしか登ってないけどホントに下りがない。ダラダラとキツくない登りが続くので「こんな坂(火山)もあるのか!」と感動できます。

gopro HERO7 Whiteが動かないとかいろいろあったのだが事前に知りたかった情報としては普賢岳や平成新山がある仁田峠への道は国道57号線や国道389号線から外れた細い道なのだがこれが細い道の安全確保のためか一方通行なので雲仙57食堂手前の分かれ道で近そうだからと逆方向の国道389号に進んでも登れないのだw

あと私は国道57号線を登ったが適度に日陰があった気がする。その後県道128号線をクルマで下ったが夏に天気いいと遮蔽物がなくて暑さが半端ない様子だった。

雲仙57食堂ではちゃんぽんとミルクセーキが美味かったデスw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください