市販車改造EV、途中充電なしで東京―大阪間完走~なんだ自転車とそんなに変わらないなあ。

 今朝のNHKニュース7時から15分間ブチ抜きの反米キャンペーンはすさまじかった。
 1時期ある関係でNHKのキュレーターと何人か出会ったけどなんでこうも外見は日本人だけど中身は日本人じゃない今回オバマに人権問題とかでチクリとやられた国の人が多いんだろ…と思ったがまさかこれほどとは思わなかった。
 まあそういうことです。
 その安っぽい沖縄のプロ市民まで動員して行われた反米キャンペーンの後に報じられた「市販車改造EV、途中充電なしで東京―大阪間完走」。休憩を挟んで13時間で555km走ったそうで、自転車乗りなら「高速道路を自転車に解放したらロードレーサーで15時間以下で行くヤツ居るかもな…」という感じなので電力も人力もそんなに変わらないことをぜひ日本国民は知っておくべきだ。国民の知識がそういうレベルでないと株価はこのまま下がりっぱなしである。
 ただこの電気自動車、「自動車と歩き、どっちが性能良いか?」と東京から鈴鹿まで歩いた俺より過激なことをやったことがある舘内さんのお手製なので実は俺はあんまりバカにしてない。
 むしろ政府と公益法人の間で行われている良質の天下りよりずっとタチが悪い民間企業間の排泄人事による天下りによって電気自動車には専用電池を使わなくてはならない!使えコラ!と主張するバカに対して、サンヨーのそこら辺に転がってるガム型家庭用充電池で十分高性能の電気自動車が出来ることをアピールすることが本当のねらいだったのだ。
 どっちにしてもNHKのようなクソに報道してもらいたくない話題だ。

カテゴリーbike

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください