雪歩号(ルイガノ TR-1)のクランクを外す。

crank-extractor0.jpg
 スプロケ交換の次はチェーンリング交換ができるようになったぞ!
 ただしこれは9速時代の105とかのオクタリンクのクランクでの話。パソコンで例えたらこのsocketAM+の時代にsocket939の話をしているようなもの。
 必要な道具は:
 TL-FC10…クルクル回るところが二段になっててトコロテンみたいにクランクを押し出す。
 TL-FC15…トコロテン方式で押し出すため中に仕込む段差。
 チェーンリングナットレンチ…チェーンリングのナットを止めるヤツ。
 モンキーレンチ…25cm以上が望ましい。


crank-extractor1.jpg
 まあ蓋は簡単に外れます。ワッシャなくすなよ。
crank-extractor2.jpg
 でTL-FC15を仕込んでTL-FC10をはめる。
crank-extractor3.jpg
 TL-FC10のネジ部をモンキーでクルクル回すとネジ部がTL-FC15を踏み台にしてクランクをズリズリ押し出すのだ!
 とりあえず道具をそろえてやってみたらこれまた簡単だった。
 なんでこんなことやってるかと言うとクロスバイクであるTR-1につける105のBBはトリプル用でないと長さがたりないのだ!で当然トリプル用のクランクを(ダブルとして。MTB系フレームだから一番インナー側が使えない)使っていたけど最近ダブル用のクランクが手に入ったのでつけてみた。実際はチェーンリングがフレームこすったりいろいろあったのだが、まあ、勉強の教材になってくれる雪歩号に感謝!

カテゴリーbike

3 Replies to “雪歩号(ルイガノ TR-1)のクランクを外す。”

  1. はじめまして、かなり古い記事に書き込み失礼します。
    私もまさにTR1をオクタリンクの105クランクに交換しようと思っていて検索でこのページを見つけました。
    オークションでダブルのクランクを落札しました。このページでトリプル用のBBでもフレームにこするとあるのですがダブルのクランクでは全く使えないのでしょうか?
    よろしくお願いします。

  2.  すみません、作業してもらったワタナベサイクルのさんちゃんと電話で話したのですが、「よく覚えてない」との返事です。すいません。
     私の記憶では105のオクタリンクのBBを、最初にダブルで仕入れて「半ちゃんどうしよう。ダブルがつかないわー」となったので「しょうがねえなあ~トリプルを注文してよ」と、やりとりした記憶があるのですが…
     チューン様、実際に作業されたかと思いますがどうでしょうか?すいません返事に時間がかかった上に意味のない返答で申し訳ないです。

  3. すみません、わざわざお電話までされて聞いてくださりありがとうございます。
    わたしはまだBBを手に入れておらず作業できていません。作業しようかと思って調べていたところこちらのページを知って迷っていたところです。
    だめもとでトリプル用BBを手に入れて交換してみようかと思います。
    本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください