やよい号の背もたれが壊れた。

KIF_0496.jpg
 雪歩号と同じ何かを感じる…。


 satowさんと喫茶店に入る直前、ポキ!と音がしてタルタルーガからゴムがポロっと落ちた。「なんだこれ?」と思ったがそのままにして、別れ際、背もたれのボルトがポッキリ折れてたことが判明。しげゆき顔面蒼白。
 satowさんと別れた後、なんとか帰宅してオリンピック高円寺店でステンレスISO小ネジ太さ5mm×長さ30mmを購入。中野の島忠まで行かなくてすんだのでちょっとラッキーだった。(現地住民しか判らないネタ)これがすんなり使えたのであまり面白くなかった。
 実を言うとシートクランプのプラスチックも砕けて捨てたのだが、そういう15万程度の自転車の安いどうでもいい部分が壊れるのと、安全にかかわる部分が壊れるのとでは違う。今回背もたれが壊れた原因を考えてみると
furikaeru-gisi.gif
 俺がカッコつけて後ろを振り返るときどうも背もたれに手をかけてヘンに体重をかけていた気がする。そういえば最近背もたれが回転するようにガタつくけどまあいいかと思ってた。これが原因だろう。ていうか原因であってほしい。旅行中に壊れたら治せないよ!今回ネジの残骸取るのに結局万力まで使ったし。
 あと、いつの間にかタイヤ換えてました。なんだか判らない65PSIしか入らない標準タイヤ→シュワルベのマラソンレーサーへ。85PSIまで入る。効果のほどはまあ30km/h巡航が楽になった感じ。
 このタイヤはさんちゃんのお店でお客さんが取り寄せてたけどいつまでたっても取りに来ないから俺が横取りしたものである。(一応、GIANTのreviveのオーナーではないことは確認してます)その後さんちゃんのお店には行っていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください