ツールドフランス2006

まーねー。
バッソなんかここ2,3年で強くなりすぎだし。
怪しいとはみんな思ってたりする。
ウル様もランスもヘンに強すぎる。
クスリじゃないけど血液いじるのぐらいやってるとは思ってた。
でもそういう人間の限界超えたスーパーサイヤ人の戦い見たかったー。
お金と権力を持った人たちの、ある意味正々堂々とした(?)戦いを。
もちろん、その一方で青春時代を有望株として自転車にあけくれ、
ドーピングに反対して平凡以下の成績で選手生命を終えた選手も居る。
それも分かってます。それは立派なことです。
でもそれはその選手が決めたこと。その選手個人の話。
ドーピングしてようがしてなかろうが、自転車の上で選手たちが生死の境ギリギリで戦う姿は変わらない。2時間やそこらで終わるサッカーやF1みたいなママゴトとは格もレベルも段違い。おらたち下衆はそういうスターたちの姿を見て恐れおののいていれば気分爽快。明日の希望。地球は平和。そういう時代があった。それだけの話。
時代が変わっても、自転車の良さは変わらない。自転車は神ですら創造できなかった存在。自転車は人類を超えた場所で笑っている。すべての文明は自転車を軸に、これからの未来を築くしかない。それ以外の選択肢はありえない。
その時代の流れで、いつか、こうなるとは分かっていた。のだが、ねえ、なにもツールの前日にやるこたぁねえだろ?ちょっと段取り下手過ぎませんか?欧米人ども。

カテゴリーbike

“ツールドフランス2006” への2件の返信

  1. 私もADYさんの意見に賛成ですね。
    いっその事、「ドーピング可」のクラスを
    作ればいいとも思います。オリンピックでも
    なんでも。
    やる人は自分の身体に責任を持ってやってるんだから、
    「大きなお世話だ」って感じですね。
    ちょっと過激かな?(笑

  2. それはちょっと過激かもです。おクスリ全面解除になる方向はヤバイと思います。やっぱりドーピング禁止の流れは止められないと思います。それはそれでいいです。ゆっくり、徐々にそういう流れなら受け入れます。
    しかし、ウルリッヒ特集の人が指摘しているように、オフシーズンに血液を入れてなんの得があるのか?などなど、クロ判定の根拠はこれから詰める事になりそうです。ようするになんかスペイン警察やWADAとかが急いだかもしれないのです。
    とにかくタイミングが悪すぎます。普段からアンチ・ドーピング叫んでて、いままで何やってたんだと言いたい。これじゃツールの興行をつぶすために仕組んだのか?WADAの会長がランスに逆上した?とか、とにかくすんなり受け止めるワケにはいかないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください