HP t510&walbrixで自宅サーバーを立てるぞコノヤロ。

ダンカンばかやろう。コノヤロウ。
intelのCPUを使う奴は頭がパー。
と、いうわけで、なぜか新品6,980円で売ってたHP t510です。

HP-T510-walbrix

CPUはVIAのEden X2 U4200
VIAのCPUといえばC3、Cyrixである。
あのCyrixである。オッサン連中は涙がこぼれそうになるのだ。
AMDかCyrixかでワイワイ騒いでいたあの頃…
Edenの中身がホントにC3かどうかは知らない。とにかくクソッタレintel以外のCPUであればなんでもいいのだ。

これでウチのCPUはMiix2 8以外マトモなメーカーにそろえることが出来た。
メインPC…FX-4170
録画PC…Athlon x2(939)
監視カメラPC…HP t5730(Sempron 2100+)
Miix2もBungBungameからPhoton2が出れば替えるつもりである。が、無理そうだw

さて、自宅サーバー、というかUNIXを使うときはみんな嫌でも寒くてもキャラを替えなきゃならない鉄則があるので私もそうするのだが

walbrix

結論から言えば「超簡単」これはすごい。
まずFX-4170でCDを焼く。
t510にUSB外付けHDDとCDドライブをくっつけて、CDからwalbrixをインストール。
このとき、t510のBIOS画面では

外付けCDドライブ
内蔵HDD(1GBのIDEフラッシュメモリ)
ネットワークがどうたら

しかブートデバイスが選べないので不安になるが、
USB外付けCDDを引っこ抜くとアラ不思議。残ったUSB外付けHDDがブートデバイスとして選択できます。
これは便利。問題なくwalbrixが起動することを確認したら、その日は終了~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください