AZUB ORIGAMI、サス化は止した方がいいです。JAVAのワケの分からないカーボンリジッドフォークへ。

 前回、サスペンションフォークを取り付けたまでは良かった。しかしこの時期の異常気象により雨が続いて実際に乗ってみたのはブログを書いたあと。

 結論から言うとまるで砂浜を走っているかのような強烈なアンダーステア。どんなにプリロードを固くしても解決せず。まっすぐ走らせるための腕にかかる負担がハンパない。15kmの通勤でも肩がパンパンになりそう。泣く泣くswing shockはお蔵入り。

 そこでAliExpressあたりで1.5万円ぐらいのカーボンフォークを買ってみました。ディスクブレーキ化+軽量化ぐらいのメリットがないとフォーク交換なんてやってられません。メーカーは(ブランド名かも知れないが)JAVAっていう支那人あたりが思いつきそうな、どうにここうにも検索するとき苦労しそうな名前です。

origami-javafork1

 取り付けてみたの図。しかしリカンベントでないと自分でカーボンのコラムを切断する気は起きません。リカンベントはロードレーサーと違ってステム辺りに全体重(もしくは全精神)かけてモガく。ということはあり得ないから、組み付けもそんなにガチガチにやらなくて良いからです。

origami-javafork2

 重さはコラムカット後で372g。うむ、軽い。

origami-javafork3

 azubから買ったときについてたフォークは935g。やっぱり鉄ちんフォークですかね。563gの軽量化。これは1.5万の価値は十分ありますな。

origami-javafork4

 ちなみにswing shockの重さは1146g。全部コラムカット後の数字です。SRサンツアー、そこそこ頑張ってる重さですね。まあ今回フロントサスが役に立たなかったのはリカンベント特有の問題でしょうなあ。特にazub origamiの前輪と後輪のバランスなどが原因だと思います。残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください