GIOS Leggeroでブルベの練習~ロスト対策にTKA地図を購入。

 先週の9月3日(木)GIOS LEGGEROで130km程度走ってみた。ロードレーサーで100km以上走るなんて何年ぶりだろうか。とにかくひどい目にあった。リカンベントのお陰で上半身の筋肉が無くなっていたのだ。腕が痛いのなんの。手のひらでハンドルが握れないぐらい痛かった。おまけにコンパクトドライブが流行る前のセッティングなので39x23Tで雛鶴峠やら籠坂峠をなんとか越えたものの、足柄峠を目前にして雨が降り始め、ライトやミラー等、数年間ほったらかしておいたLEGGEROでの、実際に走ってから気が付いた装備の不安もあり、そのまま御殿場線を輪行して帰宅という情けないことに。

相模湖の鼠坂あたりでロストして迷い込んだ結構急な坂。

Leggero-yamanakako150903

山中湖。この写真もロスト中。

legero-asigara150903

足柄峠を目前に輪行。雨が降ってきたとは言え、情けない。

 いろいろ反省点があったのは収穫であったが、その中でもロストが多かったのをまず何とかしたい。私のGPSはGARMIN eTrex Legend HCx。デフォルトで入っている地図はホントに大まかなものしかない。OpenStreetMapとかいろいろ方法はあるらしいけどメンドクサイ。金で手っ取り早く解決できるものはする。この際なので以前から気になっていた:

http://tka.jp/

 の日本道路地図全国版(税抜き15,000円)を購入。Webで検索してもLegend HCxなんて旧機種にTKAの地図がどう表示されるか出てこなかったのでここにUPしときます。

eTrexLegendHCx-TKAmap6

 画面上から下に向かって走っているのだが、ピンク色がミスコースした様子で、青色が正しいルート。今までは青色のルートしか表示されなかったのだが、TKAの地図によって道路や交差点の情報があるとかなりロストの可能性は減るだろう。

 ついでに新宿大ガードあたりのいろんな縮尺の様子。

eTrexLegendHCx-TKAmap1

 文字がローレゾなのが気になるが、ブルベでは関係なし。

eTrexLegendHCx-TKAmap2

eTrexLegendHCx-TKAmap3

eTrexLegendHCx-TKAmap4

eTrexLegendHCx-TKAmap5

 縮尺を120mにすると信号が表示されて良い感じです。多分ブルベでは200m~120mで使用することになると思います。GPSがこの状態であれば、あとはキューシートがあればDNFのときもふくめてかなり安心できそうです。

 あとwindows PCのエクスプローラーでmicroSDを開くと「このドライブで問題が見つかりました…」とスキャンディスクを促されたり、TKAの説明書を見るとmicroSD内のバッチファイルを実行するように表記してあったりするが、買ってそのままの状態で特に異常がなかったら(私はフォントがローレゾなのでいろいろいじってしまい、TKAの新宿店に持ち込むハメになったw)基本的にどちらもやってはいけない。最悪の場合、TKAへ修復を依頼することになる。

 またGARMINのコピーガードはしっかりしているみたいで、EaseUS Disk Copyでバックアップを取ってみたが認証できなかった。認証失敗の回数はカウントされるらしいので、こちらもやらないほうが良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください