食ってもやせた。

朝合羽着て自転車で会社へ行ったかいがあった。
が、tacxで直したブレーキシューが調子が悪い。やっぱ付け焼き刃は駄目か。

やせた。

でも減ったから気をよくして夕飯食いすぎたかも。
やっぱりへこんでます。

太った。

うーん。昨日の夕食で牛乳ガブ飲みしたのがまずかったのかなあ~。
へこんでます。

tacxのブレーキシューチューナー。

LIVESTRONG MODERATELY.から教わったネタシリーズ第2弾。トラックバックとか分からないのでコッソリ感謝しているのだが、便利そう。コレ。
風邪で寝込んでいるときにワイズ・オンラインで「あと一個!」と表示されていたのでついぽちっと買う。なになに?クレジットカード決算はしてない?(@6月10日)
TACX ブレーキシューチューナー 2,415円 1個2,415円
合計 2,415円(うち消費税 115円)
送料 735円
e-コレクト手数料 420円
総合計 3,570円

う、高い。ま、まあいいか。
<最早の出荷予定日>
2006年6月17日
(この連絡受けたのが6月11日)
まて!下手したらSJSと変わらんじゃないか!!(※英国から早い時はぽちっとしてから7日で届く)急いで電話。「もしもし!!ちょっと!!できれば取りに伺いたいんですが…」「まだ店頭在庫から通販部へ移動してないので可能ですよ」ああよかった。
で今日23キロをチャリチャリっと走って買ってきたわけだがVブレーキでも使えるみたい。ロックを外し手でブレーキの腕をつかんだままシューを付けるのだ。こんな使い方でいいのかな?と思ったがちゃんと「ハ」の字になってるので多分いいんでしょう。便利。クラッシュまでいかなくてもペローンとコケてブレーキシューがくにょくにょになることあるので旅行なんかに持っていけばかなり安心かも。

ひとりLSD。

LIVESTRONG MODERATELY.をこっそり陰ながら参考にしているのだが、LSDについて「負荷かけても毛細血管は育たんよ」とか「強度の目安は日常会話が出来る程度」と有難いお言葉があったので、本日虎ノ門の会社から大田区のワイズバイクガレージ、そして自宅までLSDしてきた。
が、目標はあってもどうやって実現するか。が問題だ。心拍計る道具なんぞひとつも持ってない。しかたないので一人でブツブツと「んー、まあ、こんなもんですかねえ~、そうですねぇ、ちょっとキツイかもしれないですねぇ~」と実況&解説をしてみたがそんなものは10秒ぐらいしかもたなかった。結局家についたころは全力疾走でフラフラ。
でも、楽しかった!!
なんで自転車はこんなに楽しいのだ!!
また今日もちょっと痩せたし。これはもしかすると行くかも。

日本負けてた。

前回まではワケも分からず応援してたが山本浩さんのBSでのコメント聞いて(それを自分勝手に解釈して)からWCを醒めた目で見るようになった。
そしたらほんとにスッカリ忘れて夜中ツール・ド・スイス見ながら「なんか外が騒がしいなあ~」と思ってたら日本負けてたのね。しかもブザマに。
今朝は今朝でテレビで天気予報見たいのになかなかやってくれない。お祭りだからいいけど。でもなんだかYOSAKOIみたいなキモさあふれるお祭りになってきたぞ。